モテ男になる

女性に対して自分の持論を延々と展開するのは絶対ダメ

投稿日:

レン
どんな相手に対してでもそうですが、とくに異性に対して、自分の持論を延々と話すというのは良くありません。

持論を延々と述べるのはダメ

しっかりとした意見を持っていると思われるのは良い印象じゃないんですか?
マサシ
レン
持論を言うだけで自分の意見があると、なかなか都合よくそうは受け取ってはもらえません。確固とした意見というのは行動が伴うものですから、言葉だけすごくても逆効果なんです。
なるほど。確かに言葉だけでは薄っぺらいですね。
マサシ
レン
持論といっても、だいたいは新聞とかテレビが言っていた内容にもとづくものでしかありません。それを自分のものとして言っても、相手にすぐ見抜かれてしまいますよ。
たしかに男同士の会話でもそういう偉そうなやつはすぐに見抜かれますね。
マサシ
レン
そして、女性は男の持論を聞かされることなどは求めていません。
レン
持論をまくしたてるだけでは、一方通行でコミュニケーションとは言えません。
でも、男の持論を聞いてくれる女性もいると思うのですが。
マサシ
レン
気遣いで関心がある素振りで聞いてくれる人もいます。でもそれは表面上だけのことです。

スマホをいじる女性

レン
相手の気遣いということにさえ気がついていないと、本当に独りよがりになってしまいます。

年下女性に対する態度

男性社会の中でも、部活や会社で先輩や上司はすぐに「俺たちの若い頃はこうだった」とか「オレたちの時代はオマエたちの時代と違って大変だった」とか言い始めて閉口した経験はだれにでもあるとおもいます。

でも日本は縦社会で年上をたてる儒教の精神が残っていますから、黙って聞いているほかなかったですよね。

良識ある男性は、先輩や上司に困らされた経験から、年下の男性にはそういう「オレ達の若い頃」自慢の話はしないものです。

しかし、無意識のうちに女性に対して嫌な先輩や上司がしたようなことをしてしまっていることがあります。

男性は女性の前では「いいカッコ」したがるものです。そして無意識のうちに持論を述べたりしてしまうんですね。

特に政治の話題や生き方の話題などは禁物です。

-モテ男になる
-

Copyright© ユウとレンの恋愛風水術 , 2018 All Rights Reserved.