モテ男になる

お金に無関心じゃなくなるだけで恋愛や結婚は近づいてくる。収支を整えて増やしてみよう

投稿日:

不況が続いた日本、バブル期のように恋愛をするのに莫大なお金が必要ということはなくなりました。

お金を湯水のように使い、浪費するのはむしろカッコ悪いというマインドが若者の間にも広がっています。

恋愛や結婚にお金はかからない

レン
恋愛や結婚をするのに、お金はかからない世の中になりました。
でもデートをするにはお金がかかるじゃないですか。
マサシ
レン
たしかにデートをするとお金はかかりますが、若い女子ほど割り勘でのデートが当然と思っていますから、デート代がすごくかかるということはなくなりました。
なるほど、それなら貯金がたくさんなくても大丈夫ですね。
マサシ
レン
はい、今は結婚式も地味婚が流行ってますし、お金がなくても結婚までこぎつけることは可能です。
結婚資金のことまで考えると、絶望的な気持ちになっていましたが、元気が出てきました。
マサシ

大事なのは結婚後の生活設計

レン
恋愛して、結婚するまでなら大丈夫です。問題はその後の結婚生活です。
たしかに、、結婚はゴールではなく、そこから新しい生活が始まりますもんね。
マサシ
レン
お金がなくても、フットワークが軽ければなんとかなるものです。でも、二人で新しい生活を歩む中で、お金がないと生活は火の車となり、行き詰まってしまうでしょう。
貧すれば鈍するという感じですね。
マサシ
レン
二人で生活するようになれば、日々の家賃や光熱費、水道代や電気代は一人暮らしのときより安くなります。だから、お金のことをきちんと意識しておけば、問題ないですよ。

お金に関心をもつべき理由

「お金を意識する」というのは、節約を心がけるということでしょうか。
マサシ
レン
もちろん節約は大事です。でも「お金を使わない」ことと「お金に関心を持つ」ということはすこし違います。

「お金をできるだけ使わない」という生活でも夫婦で協力すれば幸せな生活が送れるでしょう。

でもそのような生活は突発的な事故や不慮の病気などで一気に崩れてしまいます。

これは、収入の高い低いには関係がありません。常に備えが必要ということです。

お金の管理を考えよう

日本では結婚したら金銭的なことは女房に任せるという観念がありました。

しかし、今では時代が違います。結婚したらお金のことは面倒だから相手に任せてしまおうと思っているなら、それは改めるべきです。

お金をきちんと管理するということは、結婚しようがしまいが独身だろうが関係ありません。きちんと管理し、お金が無い、足らないということに悩まされることがない人生が幸福の基本です。

収支を常に考えよう

お金がないことに悩まされることがないというのは理想ですね。でも普通の人はやはりお金が足らないことに悩んでしまうのでは。
マサシ
レン
たしかに余程の大金持ちか資産家でなければお金がありあまるということはないでしょう。でも、出ていくお金より入るお金が常に多ければ、お金でただちに困ることはないですよね。
そうですね。とりあえず赤字にならなければなんとかやっていけますね。
マサシ
レン
入ってくるお金と出て行くお金、つまり「収支」をきちんと意識すれば、お金で悩むことは格段に少なくなります。。

お金を増やすことも考えよう

レン
常に収支を考え、入るお金を多くしていけば、お金はしぜんに貯まっていきます。
レン
お金が増えてくれば、そのお金を元手に将来のために備えることも考えてみましょう。
投資やFXをするということでしょうか。
マサシ
レン
FX取引や株や不動産に投資という道もありますが、必ずリターンが得られるとは限りません。インデックス投資なら元本割れすることはあまりありませんが。
レン
それより確実なのは、経済や政治の書籍を読んで知識をつけたり、語学を習得したり、モテるために少し良い服を買ってみる等、自分に投資することです。

このように、お金に無関心ではなくなり、収支を常に意識していれば、自然と自分の未来のことがおぼろげながらも見えてくるはずです。

日々、何も考えずにお金を使っていると、将来のことも考えられません。将来のことを意識するだけで、人は現実的となり、未来へ続く行動を取ることができるようになります。

こうして行動的になれば、自然と女性と出会うチャンスも多くなります。

出会いが多ければ恋愛に繋がるチャンスは多くなります。

レン
女性はお金の収支を常に考え、堅実に生きている男性のことを頼もしく思い、好意をもつものですよ。

-モテ男になる
-,

Copyright© ユウとレンの恋愛風水術 , 2018 All Rights Reserved.