モテ男になる

「共感力」を高めて頼れる男となれば、女性は必ず心を開く

更新日:

レン
みなさん、こんにちは、レンです。今回は女性のコミュニケーションの根幹にある「共感力」についてお話しします。

ちょっと昔までは「男は年収が高くてイケメンでないとダメ!」という女性が数多くいました。バブルの頃なんかは「三高(高学歴・高収入・高身長)」なんて言葉もありましたね。

これからモテるためには「競争力」より「共感力」

しかし何十年も続く不景気、低成長の時代、女性も働くようになり、男性に求めるものが変わってきました。

今の女性は競争力が高く、そのため他人の痛みに鈍感になりがちな男よりも他人の痛みや弱さをまるごと包み込むような男性を求めています。

世の男性の多くは、まだまだ競争社会に身をおいて競争力を高めようとしている人が多いです。しかし、新しい今の時代においては恋愛成功法則も変わっています。

それにいち早く気付き、そちらに舵を切ることができれば、あなたの恋愛運は確実に開けていきます。

振り返る長髪アジア系美人の写真

なるほど。では「共感力」とは具体的にどういう力でしょうか?
マサシ
レン
私が定義する「共感力」とは「相手の弱さや痛みを敏感に察することができ、思いやりをもって包み込み、相手のためにできることをする力」です

なぜ女性は「共感力」を支持するのか

なぜ女性は「共感」をそれほど重視するのでしょうか?
マサシ
レン
男性は感情よりも理性や理論を大事にしている一方、女性は理論より「共感」を大事にする生き方をしています。

男性は子供の頃から競争を求められ、勝つことが重視されてきました。こうして社会的に「男らしさ」が形成され、大人になっても競争で勝つことに意義を感じるようになりました。

一方、女性は子供の頃から競争で相手を打ち負かすよりも、みんなで協調し、和やかに過ごすことを社会的に期待されてきました。そして「女らしさ」という傾向が生まれてきたのです。

女社会は「共感」によって動いている

男性には想像しがたいかもしれませんが、女性のコミュニケーションのほとんどは「私のことをわかってほしい」、そして「あなたのことも分かりたい」という「共感」が基礎となっています。

女子同士が延々ととりとめのない話を続けているのもその一端といえます。

男性は何でも話にオチとか解決策を求めてしまいます。しかし、女性にとって相手にわかってもらうこと、そして相手のことも理解することのほうが重要なのです。

女性は共感され、理解されることに喜びを覚える

女性に相談されて解決策を教えたのに機嫌が悪くなったと言う男性がいます。

私も彼女に相談されて真面目に解決方法を考えたのに、かえって怒られました。
マサシ
レン
女性はそういう時、まず「困っている自分」に共感して、優しく受け止めてほしいと思っています。そこをすっ飛ばして、いきなり理論的な解決策を出すと、何か冷たいと思ってしまうのです。

男性は理論的に納得すれば、感情の問題は放っておくことができますが、女性の場合「今の感情も含めて、私のありのままを受け止めてほしい、そして共感してほしい」と思っています。

なかなか男性はそこを理解できないため、この女性の心の細かな動きが分かる「共感力」の高い男性は自然と女性に頼られるようになります。

女性も男性に共感したい

女性は男性に共感してもらいたいと思っている一方、気になる男性の感情に共感したいとも思っています。だから男性もある程度女性とコミュニケーションを取るようになったら、自分の弱さなどの感情を出してみましょう。

でも、女子に弱いところを見せたら嫌われてしまうのでは。。
マサシ
レン
弱いだけの男はもちろんダメです。でも「共感力」の高い頼れる男性のことはもっと理解したいと思うもの。
そうなんですか。
マサシ
レン
そもそも男性の思う「強さ」と女性の考える「強さ」は同じではありません

男性は子供の頃からの常識で、競争に勝つことこそ強さと思っていますが、女性は相手を包み込む心の広さを強さと思っています。

そういう包容力のある男性に共感してもらい、元気をもらった女性は相手のためにも何かしてあげたいと思います。

「自分が相手に好意を示すことによって、相手も好意を返してくれる」という「好意の返報性」は有名ですが、ここでは「共感の返報性」が起こるのです。

女性は相手に共感してもらい、さらに相手に共感を覚えることで、自然とその相手を特別な存在と思うようになります。

最初は単なる頼れる男友達と認識するだけかもしれませんが、そこから恋愛感情まではあともう一歩なのです。

恋愛以外でも役に立つ「共感力」

女性が働くことが当たり前となり、女性の社会進出はさらに進んでいきます。同僚として、または取引相手として女性と仕事をすることは今後も増えていくことは間違いありません。

そういう時「共感力」を身に着けておけば、仕事の際の不要な摩擦を避けることができ、建設的な仕事ができます。

なるほど、でも女性に合わせるのはなかなか大変そう。。
マサシ
レン
これからの時代、誰が相手でも「共感力」は必須となっていきますよ。

世界中の先進国で不正が起こったり、自分さえ良ければという考え方が蔓延しています。政治も経済もガタガタになりつつあります。

これは「競争力」を重視しすぎた結果ではないでしょうか。これからの時代、男女の関係だけでなく、男性同士や国や民族の間でも「共感力」を基礎にしなければ、世界はもっと悪くなってしまいます。

女性とのコミュニケーションは「共感力」を知り、育てるために格好の勉強となります。「共感力」を高めれば女性は心を開くようになり、自然とモテるようになります。

レン
まずは実践あるのみ。相手の言葉にまず共感するように意識してみましょう。

-モテ男になる
-

Copyright© ユウとレンの恋愛風水術 , 2018 All Rights Reserved.