モテ女子になる方法

「体内時計」を味方につけて健康的にダイエット。透明感あふれる美肌も手に入れる方法

人には「体内時計」があるって知っていますか?
えっ、身体の中に時間を計るものがあるんですか?!
はい、夜になると自然と眠くなり、朝になると自然に目が覚めるというのも「体内時計」があるからできることなんです。
今日はその「体内時計」を味方につけてキレイになって、お肌もツヤツヤ、女子力を大幅にUPさせる方法をご紹介します。

「体内時計」とは

「体内時計」は体全体の調節をする自律神経の働きやホルモンの分泌をコントロールする身体の司令塔で、「生物時計」とも呼ばれています。睡眠覚醒リズムや体温の調節もしている、生物にとって、いちばん大事な機能といえます。

ベッドで微笑む女性の写真

私たちは1日24時間で生活していますが、体内時計は1日25時間周期で時を刻んでいます。

そのため、普通に生活しているだけでは、次第に体内時計はズレていって、うまく働かなくなってしまうのです。

本当に身体の中にそんな時計があるの?
人間だけではなく、動物や植物の中には「時計遺伝子」があるということは科学的に証明されています。

2017年のノーベル生理学・医学賞は、この「体内時計」を証明した米ブランダイス大学名誉教授のジェフリー・ホール氏と同大教授のマイケル・ロスバッシュ氏、ロックフェラー大学副学長のマイケル・ヤング氏の3氏に贈られました。

「体内時計」は人間だけじゃなくて、生物全てに備わっている大事な物なのね!

この体内時計が乱れると、さまざまな症状が表れてきます。

「体内時計」が乱れると起こる身体不調

夜更かしや食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足、疲れ過ぎなどで生活習慣が乱れると、「体内時計」も乱れてしまいます

体内時計の乱れがしばらく続くと、睡眠と覚醒のリズムが乱れてしまい、不眠症になってしまいます。

不眠症となってしまうと、「時計遺伝子」がうまく働かなくなり、いろいろな不調が表れてきます。
からだのどこが悪くなってしまうのでしょうか。
体内時計を調節する時計遺伝子は、脳だけではなく、全身の細胞60兆個にもありますから、不調は全身に出てきてしまいます
とっても怖いですね。

体内時計の不調であらわれる具体的な症状

体内時計がおかしくなってしまうと、いろいろな悪い影響が体に現れてきます。

  1. 顔色が悪くなってしまう。
  2. いつも眠気を感じる。
  3. 頭がボーっとしてボンヤリしてしまう。
  4. 疲れやすくなってしまう。
  5. 太りやすくなってしまう。
  6. 肌が荒れてしまう。
  7. 生活習慣病にかかりやすくなってしまう。
  8. 集中力、記憶力が低下してしまう。
「太りやすくなってしまう」というのは特に恐ろしいですね。
体内時計がおかしくなると、ホルモンバランスが乱れ、食欲が増え、脂肪が燃焼する働きも低下してしまうのです。

普段と食べる量は変わらないのに、なぜか太りやすくなってしまったという人は、しらずしらずのうちに体内時計が乱れてしまっているのかもしれません。

また、キレイなのに、顔色が悪く、お肌の調子も悪くて、雰囲気がどよーんとして元気がない女性は、十中八九「体内時計」が乱れています。

「体内時計」が乱れる原因とは

夜更かしや、昼夜逆転の生活は当然、体内時計の乱れにつながりますが、他にも原因があります。

  1. 寝る直前まで、スマホやパソコン、テレビを見ている。
  2. 夕食を食べてすぐに寝ようとしている。
  3. 週末や休日は昼まで寝ることが多く、寝だめをしようとしている。
  4. 朝食は食べないことが多いか、ほとんど食べない。
  5. 就寝時間がバラバラで、決まっていない。
  6. 部屋で過ごすことが多く、太陽の光をあまり浴びない。
どのくらい当てはまったでしょうか?
けっこう当てはまってしまいました。夜は寝るまで布団の中でスマホ見てしまってます。

自分はしっかり寝ていると思っていても、上記のような生活習慣を続けていると、「睡眠の質」はどんどん低くなっていきます。

逆に考えれば、睡眠の質を高めるために大事なことが見えてきます。

「体内時計」を整える簡単な方法

すぐにできる、体内時計を整える簡単なテクニックはこれだけです。

  1. 寝る30分前は部屋の照明を消すか間接照明にする。
  2. 寝る1時間前からはテレビを消して、見ない。
  3. 夜はスマホやパソコンはブルーライトカットモードにする。
  4. 寝る2時間前までに夕食はすませておく。
  5. お風呂に入って湯船に浸かる。
  6. 起きたらすぐに部屋のカーテンを開けて、太陽の光を浴びる。
  7. 朝食は軽くでもいいので食べる。
  8. 休日でも家にこもらず、少しでいいので運動する。
  9. 休日も寝だめしようとせず、いつも起きている時間に起きようと頑張る。
どれも少し気をつければ、できることですね!
はい、もし全部できなくても、いくつか実行すれば、眠りの質は上がりますよ。

特に大事な朝の過ごし方

特に大事なのは朝の過ごし方です。
朝は苦手なんですが、、
朝、身体を起こして活動スイッチをオンにすることで覚醒することが、いちばん夜の寝つきを良くする効果があります。

太陽の光を浴びることで、身体全体で光を認識し、体内時計が正しくリセットされます。

そして、朝食を食べることで内蔵も動き出します。朝食を抜いてしまうと、腸の動きも鈍ってしまい、便秘になりやすくなるので、バナナやヨーグルトなど、軽くてもいいので食べてください。

「体内時計」がしっかり働いていると、頭もスッキリしますし、お肌の調子も良くなります。腸などの内臓もイキイキと働くことで、体の底からパワーが出てきます。

ぜひ「体内時計」を味方につけてキレイになって、充実した毎日を過ごしてください!

-モテ女子になる方法
-, ,