モテ女になる

悪口を聞かされた時は逆に信頼度と好感度を上げるチャンス。女子力アップの対応の仕方とは

投稿日:

悪口などのネガティブな言葉を聞かされることがありますよね。

そういう時の対応には十分注意しないとあとあと面倒なことになってしまいます。

でも、面倒なだけではなく、逆にあなたの信頼度をアップする格好のチャンスともなります。

悪口

ユウ
悪口を聞かされたとき、どんなふうに対応していますか?

他人の悪口って興味を持つ人が多いし、ついつい聞いて盛り上がっちゃいます。
サキ

 

信頼の表れ

あなたに他人の悪口を言うというのは、相手があなたを信頼しているということの表れという側面もあります。

悪口を言い合うことによって、仲間意識を持とうという心理も考えられます。

だから悪口をいう人に対して冷淡な対応で通すというのも、せっかくの仲良くなるチャンスを逃してしまうことになります。。

あとで問題にならないために

ただ、相手と一緒に盛り上がって、悪口に花を咲かせると、あとで面倒なことに巻き込まれる危険性が高いです。

人によっては「分かるよ」と言って、適当に答えただけなのに一緒に悪口を言ったと言われて、周りに吹聴するという行動を取ります。

またその時、自分からは見えなくても、思わぬ人が悪口の言い合いを聞いていたということもあります。

漫画とか小説とかドラマではよくあることですが、実際にも十分起こりますし、人間関係が修復不可能になってしまうこともあります。

対応の仕方

そんな難しい悪口の対応ですが、事を荒立てずに相手の好感度まで上げてしまう上手な方法があります。
 
たとえば、「○ちゃんて、性格わるいよね」とかネガティブな悪口を漏らされた時、

もしあなたがその悪口に賛同していたとしても、「そうだよね。私もそう思う。こんなことがあって、、、」というふうに、自分も燃料を投下してしまうのは良くないです。

際限なく盛り上がり、その場は一体感が得られてとしても、あとで後悔することになりますし、もし誰かが影で聞いていたら大変なことになるのは目に見えています。

かといって、「全然そんなことないよ。○ちゃんはいいこだよ」と全否定してしまうのも、優等生ぶっているようで、あまりいい印象を与えません。

それに悪口を切り出した方が気まずくなってしまい、会話がそこで断絶してしまいます。

のれんに腕押しテクニック

じゃあ、どうすればいいんですか?賛成も反対もダメ、どうしようもないじゃない。
サキ
ユウ
そんなに難しく考えずとも、ただただあっさりと「ああ、そうなの?」「へー、そんなこともあるんだ」と聞いていれば良いんです。
それじゃ、賛成したと同じじゃないんですか?
サキ

ここでポイントなのは、賛成したんじゃなくて、自分は思いもよらなかったけど、そういう見方もあるのねと驚きながら聞くことです。

自分は気づかなかったし、そういう見方をしないけれど、そういう考え方もできるよねと客観的に相手の言葉をとらえるのです。

間違っても、同調して盛り上がったり、質問をしたり、さらに話題を提供してはいけません。

これを続ければ、悪口を言い始めた人も、そのうちネタがなくなってしまいます。ネタがなくなれば話は変わって次の話題に移ることになります。

「暖簾に腕押し」とか「糠に釘」ということわざがありますが、その暖簾や糠のように、相手を受け止めるけれど中立の立場でいて、賛否の反応はしないでおけばよいのです。
 

フォローして更に好感度アップ

相手が言いたい放題に悪口を言って、あなたがずっと受け流していれると、相手はスッキリして収まります。

スッキリするとともに、相手はちょっといいすぎちゃったかなと気まずい思いをすることになります。

その気まずい思いをしているところへ、すかさずフォローしてみましょう。

たとえば

「たしかに○ちゃんにも良くないところはあるよね。でも、こういうところは良いところだと思うよ」

とマイナスを受け入れてプラス評価に転換してみるのです。

アジア系美女の笑顔の写真

そうすることで、相手は酷い悪口を言ってしまったという罪悪感をすこし軽減できることとなり、そんな度量の大きいあなたにたいする好感度がグッとあがることでしょう。

フォローを受け入れなかったらまた聞く作業にもどる

もしフォローした時に相手がヒートアップして、さらに悪口を言い始めたら、また「暖簾に腕押し」テクニックで受け流しましょう。

とにかく肝心なのは相手が抱えているモヤモヤをすべて吐き出させてあげることです。

信頼感を得る

悪口をもちかけられた時は、逆に相手の本音をしったり、好感度をアップするチャンスともなります。

最後に大事なのは、相手の悪口を「△くんが、こんなこと言っていたよ」と周りに絶対に広めないことです。

相手はあなたを信用して誰かさんの悪口を言ったわけですから、それは「ここだけの話」にしてあなたの心の一番深いところで受け止めきってあげましょう。

そういう極めてプライベートな話を受けきってくれる存在はとても頼もしい存在と感じられ、自然と信頼されることとなります。

ユウ
悪口を言われたときこそチャンスなのです。

-モテ女になる
-

Copyright© ユウとレンの恋愛風水術 , 2018 All Rights Reserved.